葬儀の際のお焼香のやり方

日本では仏教式の葬儀が執り行われることが多くあります。この時参列者はお焼香を順番に行います。やり方を知っていないと葬儀の時に戸惑ってしまうことになりますから、簡単な流れだけでも把握しておくと安心です。大きく2種類のスタイルがあって、立った状態と座った状態で回ってくる方式があります。

立った状態で行う際には、自分の順番が来たら前に出て行います。この時故人の遺影の前で一礼し、次に遺族の前で一礼をしてから焼香をするのがマナーです。数珠を左手で持ち、右手で抹香をつまみましょう。この時親指と人差し指、中指で持ち上げます。そして自分の顔の前まで持っていってから、香炉のところにお香を落としていきます。最後に合掌して、また遺影に対して一礼を行って、お坊さんと遺族に一礼をして自分の座席に戻ります。

座った状態のスタイルのことを回し焼香といいます。この場合、自分の座席のところに焼香のセットが回ってきますので、その場で行う形になります。隣から回ってくるはずですから、その人に軽く会釈してから受け取りましょう。そして故人に向かって一礼をします。その後焼香をしていくのですが、基本的なやり方は立った時と一緒です、座っているかどうかの違いだけと思ってもらっていいでしょう。自分の順番が終わったら、隣の人に香炉を回していきます。通常はキャスター付きの机の上に乗っていることが多いですが、たまに香炉だけが回ってくる場合もあります。この時には両膝を閉じてその上に香炉を乗せて、お焼香をするといいでしょう。

お焼香の回数ですが、実は宗派によって異なります。天台宗や浄土宗の場合、比較的自由度は高いです。1回から3回のうちいずれでも構わないとしています。しかし浄土真宗の中でも本願寺派は1回のみ、しかも押しいただかないのがマナーです。大谷派も押しいただかないようにするのは一緒ですが、回数は2回です。曹洞宗は2回行うのですが、最初は押しいただいて次はそのまま香炉に落とします。このように若干違いがあるので注意が必要です。