葬儀に参列する際の服装は?

葬儀に参列する際、どのような服装で行けばいいのか迷う人もいるでしょう。男女で若干異なるところがあって、女性の方がその時々のトレンドの影響を受ける傾向がみられます。女性の場合、スーツもしくはワンピースが基本です。シチュエーションを考えると、あまり派手なものは避けるようにするのが常識です。しかし近年葬儀のマナーも昔ほど厳格ではなくなってきているので、レースやサテンを部分的に使っているようなデザインであれば、特別とがめられるようなこともないです。ただしあまり肌の露出が多めの服装は避けた方が無難です。スカートに関してもあまり丈の短いものはふさわしくありません。いつもの丈よりも若干長めのものを目安にするといいでしょう。女性の場合、和装の喪服を着用することは少なくなってきました。現代では喪主と近親者に限られる傾向があります。別に和装は絶対にNGというわけではないですが、洋装の方が主流になっています。

男性の場合、葬儀ではブラックスーツを着用すればまず問題はありません。喪主や親族、近親者は正喪服といういわゆるモーニングを着用するのが正式なマナーです。そのほかの人はいわゆる喪服を着用します。スーツだけでなく、ネクタイや靴下、小物に関してもすべて黒で統一することがベースです。喪主や近親者の場合、紋服を着用するケースもあるかもしれません。その場合には五つ紋の長着と羽織、仙台平の袴が基本的なスタイルになります。ここまではおめでたい席と一緒のコーディネートになります。しかし半襟や鼻緒は黒を中心として地味めのカラーにします。袴の結びも慶事とは異なります。慶事の場合十文字結びが一般的ですが、重耳の場合一文字結びになりますので着付けを行う際には注意しましょう。

ただし紋服のマナーについて、地方によって若干異なるところがあります。例えば羽織の紐は一般的には黒ですが、地域によっては白が常識というところもあるようです。もし心配であれば、事前に年長者にアドバイスを求めるのが無難です。